調達: Level 4

ビジネスケース(要件、潜在的なメリットとオプション)を検証し、適切な調達ルート(オープン市場または協力的なフレームワークなど)を決定することができる。市場に関する知識を活用し、仕様を通知し、詳細なクオリフィケーション前のアンケートと入札案内が作成されていることを確認することができる。協力をサポートするためにデータを収集してまとめ、要件の規模を反映し、優れたパフォーマンスを推進するための契約条件の交渉を行うことができる。仕様および評価基準に基づき、入札者を評価し、受入れ文書を作成し、契約およびサービスレベル合意書に関する助言を提供することができる。サプライヤーのパフォーマンス、情報セキュリティ、顧客満足度およびマーケットインテリジェンスのモニタリングと報告を行うことができる。問題の調査、解決またはエスカレーションを行うことができる。サプライヤーのサービス改善活動およびプログラムを実施することができる。