調達: Level 3

クオリフィケーション実施前のアンケートと、ビジネスケースに対応する入札案内を作成することができる。オープンソースシステムと専用システムとの違いを認識している。より複雑な入札のための詳細な評価基準を設定し、入札者の評価を支援することができる。組織とサプライヤーとの間の日常的な窓口として機能することができる。サプライヤーのパフォーマンスデータを収集、報告することができる。