調達 SORC

外部から供給された製品、内部で開発された製品とサービスの調達と委託に関する方針、内部基準および助言を提供する。商業的なガバナンスを提供し、法律に従い、情報のセキュリティ保証を提供する。準拠した調達プロセスを実装し、委託側およびサプライヤー側の問題と指示を完全に考慮する。企業が必要とする製品およびサービスの納品を保証するため、サプライヤーを特定、管理する。

調達: レベル 7

法律への準拠、サプライチェーンの管理、商業的なガバナンス、サプライヤーの選択、入札および調達に対する方針と手順(「構築するか購入するか」の基準、パフォーマンスのベンチマーク評価を含む)に対する全責任を負う。すべてのレベルでの効果的な運用上の関係を含む、サプライヤーとの関係を維持するための全体的な戦略を決定することができる。買収プロセスの展開と検証および重要な契約の交渉に対する責任を負う。提供されるサービスを監視するためのフレームワークを確立し、契約の存続中に金額に見合う価値を確認することができる。サプライヤーに関連する深刻な論争において会社を代表することができる。

調達: レベル 6

サプライヤーの選択、入札、調達およびベンチマーク評価をカバーする方針および手順に影響を与えることができる。法律、規制および第三者の情報セキュリティに準拠していることを確認する調達の戦略、基準、方法、プロセスおよびグッドプラクティスを確立することができる。外部パートナーを特定し、必要に応じて他の関連分野の専門家に関与することができる。契約条件が、現行の法律および方針に従っていることを確認することができる。要件の明確化から契約の実施、監視、終了までの調達プロセスをリードすることができる。サービスが提供される方法についての認識を調査し、サプライヤーのパフォーマンス、自社のパフォーマンスの経験およびサプライチェーン全体の有効性を評価することができる。

調達: レベル 5

ビジネス上の戦略と調達計画を通知、策定するためにサプライヤーと市場を調査し、ビジネス環境を幅広く理解している。代替調達モデルに対するビジネスケース、サプライヤーの選択、入札および調達をカバーする方針と規程に関する助言を提供することができる。調達チームをリードし、入札、評価および取得プロセスを管理することができる。潜在的なパートナーおよびサプライヤーと交渉し、受入れ条件および手順を策定することができる。契約書の起草と締結を行うことができる。ベンチマーク評価を行い、サプライヤーのパフォーマンスが適切にモニタリングされ、定期的に検証されていることを確認することができる。指定されたサプライヤと協働し、サプライヤのサービス改善活動およびプログラムを管理、実行することができる。

調達: レベル 4

ビジネスケース(要件、潜在的なメリットとオプション)を検証し、適切な調達ルート(オープン市場または協力的なフレームワークなど)を決定することができる。市場に関する知識を活用し、仕様を通知し、詳細なクオリフィケーション前のアンケートと入札案内が作成されていることを確認することができる。協力をサポートするためにデータを収集してまとめ、要件の規模を反映し、優れたパフォーマンスを推進するための契約条件の交渉を行うことができる。仕様および評価基準に基づき、入札者を評価し、受入れ文書を作成し、契約およびサービスレベル合意書に関する助言を提供することができる。サプライヤーのパフォーマンス、情報セキュリティ、顧客満足度およびマーケットインテリジェンスのモニタリングと報告を行うことができる。問題の調査、解決またはエスカレーションを行うことができる。サプライヤーのサービス改善活動およびプログラムを実施することができる。

調達: レベル 3

クオリフィケーション実施前のアンケートと、ビジネスケースに対応する入札案内を作成することができる。オープンソースシステムと専用システムとの違いを認識している。より複雑な入札のための詳細な評価基準を設定し、入札者の評価を支援することができる。組織とサプライヤーとの間の日常的な窓口として機能することができる。サプライヤーのパフォーマンスデータを収集、報告することができる。

調達: レベル 2

クオリフィケーション実施前のアンケートの作成と、ビジネスケースに対応する入札案内の作成を支援することができる。関連する情報を入札者に提供することができる。単純な入札基準のための詳細な評価基準を設定することができる。入札者の評価を支援することができる。組織とサプライヤーとの間の日常的な通信、サプライヤーのパフォーマンスデータの収集と関連する報告を支援することができる。