契約管理 ITCM

製品およびサービスの供給のための正式な契約の運用を全面的な管理とコントロールを行う。

契約管理: レベル 6

契約上の義務の不履行を含む契約上の問題を交渉、解決することができる。変更管理プロセスを促進し、必要に応じて変化の交渉をリードすることができる。継続的な改善プログラムを支持し、パフォーマンスを強化するための戦略とインセンティブを共同で策定することができる。包括的な財務評価を行うことができる。差別のない行動および法令遵守を確認することができる。検証から学んだ教訓を文書化し、すべてのステークホルダーに伝達されていることを確認することができる。「ベストプラクティス」の支持者として、幅広い業界/カテゴリの信頼を得ている。

契約管理: レベル 5

契約上の義務の履行を監督、測定することができる。主要業績評価指標(KPI)によりパフォーマンスをモニタリングして評価し、継続的な改善の機会を特定することができる。契約条件の適用を含む、業績の伸び悩みとコンプライアンスの問題に対処するために戦略を策定することができる。変更が必要な箇所を特定し、影響を評価し、ビジネスに対する意味合いと結果、プログラム/プロジェクトの調達要素についてステークホルダーに助言することができる。別の方法について交渉し、適切な承認を求めることができる。検証およびベンチマーク評価のプロセスを通して継続的な改善事項が特定されていることを確認するため、専門家およびステークホルダーを積極的にサポートし関与することができる。変更管理プロトコルを策定、実装することができる。

契約管理: レベル 4

契約のパフォーマンスデータ(価格およびサプライチェーン費用など)を取得、収集し、KPIに照らしてパフォーマンスのモニタリングを行うことができる。業績の伸び悩みを特定、報告し、改善の機会を開発することができる。契約条件に対する準拠のモニタリングを行い、準拠していない場合には適切なステップを講じることができる。契約におけるリスクおよび報奨メカニズムを前もって管理することができる。ビジネスケースにおいて特定されたビジネス目標に照らして進捗状況のモニタリングを行うことができる。変更が必要な箇所を特定し、別の方法のための計画を策定することができる。ステークホルダーと協働し、変更管理プロトコルが実装されていることを確認することができる。