持続可能性の評価: Level 6

持続可能性の評価に対する組織のアプローチを決定し、改善のための業務活動の有効性のモニタリングを行うことができる。組織全体の評価業務において全面的なリーダーシップを発揮することができる。