持続可能性の評価: Level 5

保全活動の持続可能性と影響を評価、報告するための手段の導入と管理をリードすることができる。監視活動の有効性および精度が検証により維持され、適切な改善が行われていることを確認することができる。