要件の定義および管理: Level 6

要件の発掘、分析および文書化に関する方針を決定することができる。主要なステークホルダーとの合意により、組織に対する要件基準と品質目標を定義することができる。ビジネスの方針決定者および方向性設定者が関与する、戦略的なビジネス変化に対する範囲設定とビジネス上の優先順位設定を調整することができる。