要件の定義および管理: Level 4

中規模で複雑な変更業務の範囲設定と優先順位設定を調整することができる。特定の変更業務の文脈において、ビジネス要件を説明するための最も適切な手段の選択に寄与し、ソースまでのトレーサビリティを確保することができる。目的に対する要件の適合性、およびビジネス目的との一致と一貫性の特定と分析を行い、必要に応じて積極的に反対意見を述べることができる。範囲と要件に関し、ステークホルダーおよび受益者から正式な合意を取得し、ソリューションの展開を開始するためのベースラインを確立することができる。ベースラインの要件の変更の要求と適用を管理することができる。移行など、暫定的なシナリオおよび必要とされる結果のビジネス要件に対する影響を特定することができる。