要件の定義および管理: Level 3

小規模な変更の範囲とビジネス上の優先順位を定義する。より大規模の範囲の業務を支援する場合がある。運用管理または他のステークホルダーからの要件を誘出、発掘することができる。必要とされる変更の性質、確率された業務慣行、および要件を提供する当事者の特性と文化を考慮した上で、詳細な要件を誘出するための適切な手法を選択することができる。指示に従い、ビジネス要件を特定、文書化し、ソースまでのトレーサビリティを確保することができる。要件のビジネス目的との一致と一貫性の分析を行い、必要に応じて積極的に反対意見を述べることができる。要件の優先順位付けを行うためにステークホルダーと協働することができる。