要件の定義および管理: Level 2

現在の問題を特定するために、指示に従って確立した手法を使用し、明確に定義された境界を有する単純な主題領域に関するビジネス上の機能的、非機能的およびデータおよびに関する要件を誘出、特定、文書化することができる。より複雑な要件関連の業務において、変更のための合意されたベースラインを確立するプロセスを用いて支援し、これらの要件に対する必要な変更の評価と適用を管理することができる。