現在位置: ホーム / SFIA 6 / スキル / 変化と変更 / ビジネス変化の管理 / 変更の実装計画と管理

変更の実装計画と管理 CIPM

事業の運営に影響があり、かつ完全に準拠した方法で、新しいデジタル機能をビジネスに展開、統合するためのプロセスを定義、管理する。

変更の実装計画と管理: レベル 6

主要なビジネスサイクルに関連する計画を含め、新しい技術機能をビジネスに統合する方法に関するビジネス上の観点から、移行に適切な顧客を選択する。新しい技術コンポーネントと技術に備えて組織が行うべきすべての業務を含め、ビジネス実装計画に着手することができる。サイト実装計画が計画全体に整合していることを確認することができる。進捗状況を確認するために、これらの活動を記録、報告することができる。展開後、予測されたビジネス上のメリットが達成されていることを確認するための活動を定義、管理することができる。プログラム/プロセスの全体を通し、主要なエンゲージメントに関するメッセージを伝達することができる。

変更の実装計画と管理: レベル 5

ITの展開、データ移行、機能展開(トレーニングおよびエンゲージメント活動)および新しいデジタルプロセスまたはジョブを「通常のビジネス」環境に統合するために必要な業務を考慮し、レディネス計画を策定することができる。予定される変更に関連するビジネスユーザーのレディネスのレベルを決定し、準備の不十分な部分を明らかにし、本番移行の前にそれを修正するための行動計画を策定、実行することができる。移行サポートの提供においてユーザーコミュニティを支援し、計画を変更し、プロジェクトチームと協働することができる。ビジネスのレディネス目標、ビジネスのエンゲージメント活動、トレーニング計画と展開活動に関する進捗状況、主要な運用上の測定基準と生産性測定基準のモニタリングと報告を行うことができる。本番移行の前に、ステークホルダーのコミットメントを必要なレベルに向上させるための活動とその順序を定義することができる。