損益管理 BENM

通常、変更のためのプログラムまたはプロジェクトのためのビジネスケースの一部として指定される、予測される損益の出現と効果的な実現のモニタリングを行う。個別の利益または利益の組み合わせがビジネスに与える影響を最適化するために行動する(通常、プログラム管理チームが行う)。

損益管理: レベル 6

事業運営のすべてのレベルのスタッフに対して変更プログラムの展望を広め、複雑な状況に秩序をもたらし、ビジネス目標にフォーカスすることができる。プロジェクトグループがその製品を実用化する際、事業運営で最大限の改善が行われるよう、事業運営戦略に責任を負う上級レベルの従業員と協働することができる。プログラムに資金を提供するビジネスケースを維持し、定期的にプログラムの事業実現性が継続することを確認することができる。

損益管理: レベル 5

損益を測定する具体的な基準とメカニズムを特定し、適宜これらのメカニズムを有効にする計画を策定することができる。ビジネスケースにおいて、予測と比較した損益のモニタリングを行い、変更プログラムの実施中すべての参加者に情報が提供され、関与していることを確認し、新しいビジネス環境が整備された際にそれを活用する準備が整っていることを確認することができる。すべての計画、作業パッケージ、成果物が期待された利益と一致していることを確認できるよう、上級経営陣をサポートし、変更プログラムの各部分の利益の実現に必要な活動をリードすることができる。