現在位置: ホーム / SFIA 6 / スキル / 変化と変更 / ビジネス変化への対応 / プロジェクト管理

プロジェクト管理 PRMG

通常(ただしそうではない場合もある)、特定されたビジネスニーズを満たすためのビジネスプロセスの開発と実施に関連するプログラムを管理し、合意されたコスト、納期、品質の範囲内で、必要なリソースとスキルを獲得し、活用する。

プロジェクト管理: レベル 7

適切な方法論の適用を含む、プロジェクト管理の方向性と実施を規定する組織の戦略を策定することができる。大規模なプロジェクト管理を承認することができる。戦略的な影響度の高い、リスクの高いプロジェクトのためのプロジェクト計画、活動のスケジュール、統制および報告をリードすることができる。リスクを管理し、問題に対する解決策が変更管理プロセスに従って実行されていることを確認することができる。

プロジェクト管理: レベル 6

通常、重要なビジネス、政治的な影響、または多大な影響があり、リスクの高い依存関係を持つ複雑なプロジェクトの定義、文書化、成功に対する全責任を負う。必要に応じて反復手法を使用し、手法とツールを選択し、効果的なプロジェクト管理、変更管理、リスク管理および検証プロセスが維持されていることを確認することができる。プロジェクト予算に対するリソース、収益および投資コストのモニタリングと管理を行い、プロジェクトのすべてのステークホルダーの期待を管理することができる。

プロジェクト管理: レベル 5

通常、直接ビジネスに影響を与え、納期の確定された中規模プロジェクトの定義、アプローチ、促進および成功に対する全責任を負う。プロジェクトの成功に対するリスクを特定、評価、管理することができる。使用中の方法(アジャイル、ウォーターフォールなど)に従い、現実的なプロジェクト計画を維持し、ステークホルダーと定期的に正確なコミュニケーションを行うことができる。品質検証がスケジュール通りに手順に従って行われていることを確認することができる。変更管理手順を管理し、プロジェクト成果物が合意された費用、納期、リソース予算内で完成し、承認されていることを確認することができる。プロジェクトチームに対して効果的なリーダーシップを発揮し、チームの業績が合意された許容範囲から逸脱している場合、適切な措置を取ることができる。

プロジェクト管理: レベル 4

通常6ヶ月未満で予算制限があり、他のプロジェクトの相互依存性は最小限であり、戦略的な影響の少ない小規模のプロジェクトまたはサブプロジェクトを単独または小規模のチームと共に定義、文書化、実行し、すべての段階で積極的に参加することができる。プロジェクトの成功に対するリスクを特定、評価、管理することができる。ステークホルダーとプロジェクトのアプローチについて合意し、品質、リスクおよび伝達方法などの現実的な計画を策定し、プロジェクトスケジュールに照らして活動を記録し、適切な方法でステークホルダーの関与を管理することができる。費用、納期、使用するリソースのモニタリングを行い、これらが合意した許容範囲を逸脱した場合には措置を取ることができる。自身のプロジェクトが正式に完了したことを確認し、必要に応じてその後の検証を行い、発見したことを記録することができる。