現在位置: ホーム / SFIA 6 / SFIAとスキル管理 / SFIAのスキル管理サイクルのサポート方法

SFIAのスキル管理サイクルのサポート方法

SFIAはリソースの一貫性を提供する

スキル管理 人材の獲得 人材配置 評価 能力開発 報酬

共通言語を使用することにより、ラインマネジャー、人事部門と従業員の間のコミュニケーションと理解が円滑になる。SFIAは、スキル管理サイクルのあらゆるステージで一貫性のある方法を提供し、統合された管理システムの構築を支援する。

スキル管理: リソース全体の管理

スキル管理およびリソース管理全般においてSFIAを使用して現在の能力の測定、将来の需要に対する計画を含む要件の特定を行うことができ、スキル管理プロセス全体で同じ能力基準を使用することができる。

スキルとレベルを分かりやすく定義することにより、採用、職務の割り当て、専門性開発計画、従業員の能力の理解において一貫性が得られる。これにより、誤った人材配置から生じるリスクと潜在的な費用を削減することが可能となる。

サイクル自体、またSFIAの使用は、任意の時点から開始することができる。SFIAを初めて使用する際は、従業員満足度または効果的なトレーニングなどの特定の問題への対処が目的の場合、または、特定の運用上またはプロジェクトの問題がきっかけとなる場合、または定期的な人材管理の一貫として行われる場合がある。組織的な観点から言うと、論理的な開始点は、新しい人材が必要であることを認識することである。