現在位置: ホーム / SFIA 6 / SFIAとスキル管理 / 能力開発

能力開発

能力開発活動の計画および実施

組織のニーズに沿った個人の能力開発は、客観的なSFIAのコンピテンシーの表現に基づいて行われる。

開発すべきスキル、またはスキルの側面を特定することにより、SFIAを開発目標の定義に使用し、これを達成する方法および提供されるサポートを決定することができる。これには、継続的専門能力開発(CPD)、指導とメンタリング、ワークシャドウイング、トレーニングと認定、カンファレンスやイベントへの出席、および特別な関心のあるグループへの参加など、様々な介入または活動が含まれる。

現在のスキルレベルが個人のパフォーマンスにどのように影響を与えるかを適切に分析することにより、実際に機能する、関連性のある開発計画を策定することができる。この分野を改善することは、トレーニング予算から得られる価値に大きな違いを生み出すため、トレーニングに関する支出を管理することは能力開発要素の重要な部分となる。

SIFAを使用することにより、個人が健全に成長し、効果的な予算編成が行われ、スキル開発が組織の本当のニーズに沿っていることを確認することができる。

雇用主は、個人またはグループの教育およびトレーニング目標を設定するためにSFIAを使用することができる。また、教育およびトレーニングのプロバイダは、学習成果を説明し、効果を向上させるために使用することができる。これにより、雇用主は、資格と認定の関連性を理解し、既存スタッフに対するトレーニングと教育における的を絞った投資を行うことができる。

また、個人の定義された開発ニーズを、タスクを個人に割り当てるプロセスに組み込むことも可能である。