現在位置: ホーム / SFIA 6 / SFIAとスキル管理 / 人材配置

人材配置

職務の割り当て

スキル管理の全体的な目的は、組織と個人にとって最良の方法で、職務を従業員に割り当てることである。また、専門性の開発において、配置は最も重要な要因となる。従業員に対して適切なプロジェクトを慎重に選択することは、大きな開発の可能性の実現につながる。

技術的な知識ではなく実際の能力に基づいて、適切なスキルを持つ従業員を割り当てることにより、プロジェクトと運用上のリスクを低減することができる。これを正しく行うことにより、人材をより効果的に活用でき、能力開発を適切に行うことが可能となり、結果的に請負業者に関する支出の削減が可能となる。

従来の正式な組織構造での人員配置の他、SFIAの固有の柔軟性は他の運用方法もサポートする。例としては、コンピテンシーセンターの組織モデル、または一時的な業務、アジャイルプロジェクトチームまたは個別のタスクに対して割り当てられる人材プールなどがある。

外部(請負業者またはサービスプロバイダ)から供給される能力を適切なタスクに配置することは、意図する結果と金額に見合う価値を獲得するために重要となる。