現在位置: ホーム / SFIA 6 / 役割のレベル / 役割のレベル:レベル 5

役割のレベル:レベル 5

権限

大まかな指示の下で業務を遂行する。業務には常に自発的に取り組む。割り当てられた技術およびプロジェクトの目的の達成に対する全責任、または監督責任を負う。マイルストーンを設定し、タスクの割り当てと職務分担において重要な役割を担う。

影響度

専門性を活用することにより、組織、顧客、サプライヤー、パートナー、同僚に対して影響力を発揮する。適切で効果的なビジネス関係を構築する。結果、期限、予算などに関し、委譲された業務の成功に影響を与えるような意思決定を行う。リソースの配分と管理に関して多大な影響を与える。

複雑度

広範囲かつ複雑な技術的、専門的業務を遂行する。幅広い状況、また場合によっては予測不可能な状況において、基本原則の適用が必要とされる業務を遂行する。自身の専門性と、より広い範囲の顧客および組織の要件との関係を理解している。

ビジネススキル

自身の専門性に関連する利用可能な基準、方法、ツール、アプリケーションについてのアドバイスを行い、複数の選択肢の中から適切な選択を行うことができる。納期、コスト、品質目標に照らして、業務を分析、設計、計画、実施、評価できる。リスクを見積り、評価することができる。公式にも非公式にも、意思の疎通を効果的に行うことができる。リーダーシップを発揮できる。多様な目的を持つステークホルダー間の協力的な関係を促進する。あらゆる要件を提案に盛り込むことができる。スキルを最新の状態に保つための指導力を発揮できる。同僚に対してメンターとして指導できる。常に業界の動向に着目している。継続的な運用改善のため、要件を分析し、適用範囲と選択肢について助言できる。ソリューションを適用する際、顧客とステークホルダーの利益につながるような創造的かつ革新的なアイディアを示すことができる。