現在位置: ホーム / SFIA 6 / 役割のレベル / 役割のレベル:レベル 4

役割のレベル:レベル 4

権限

説明責任が明確になっている範囲内で、大まかな指示の下で業務を遂行する。重大な個人的責任を負い権限を行使する。一定の目的とプロセスに沿って自身の業務を計画する。

影響度

顧客、サプライヤー、パートナーに対して財務レベルで影響を及ぼすことができる。他者の作業およびリソースの配分に対してある程度の責任を有する。自身の専門性に関する社外活動に参画する。プロジェクトやチームの目標達成に影響を与える意思決定を行うことができる。

複雑度

さまざまな状況において、複雑な技術または専門性が必要とされる広範囲な業務を遂行する。複雑な問題を調査、定義、解決できる。

ビジネススキル

適用可能な基準、方法、ツール、アプリケーションを適切に選択できる。口頭においても文章によっても円滑な意思疎通を行い、技術者、非技術者の両方に対して複雑な情報を伝達する。共通の目的を持つステークホルダー間の協力的な関係を促進する。期限と品質目標を達成できるよう業務の計画、スケジュール、監視を行う。新しい情報を迅速に理解し、効果的に適用できる。進化する技術とその適用についての知識があり、自身の能力開発を自発的に行うことができる。