現在位置: ホーム / SFIA 6 / 役割のレベル / 役割のレベル

役割のレベル

このセクションでは、フレームワークで使用される標準レベルの役割と説明責任について説明する。フレームワークの基礎的な構造では、専門的なスキルが各レベルで固有のものとなるよう定義されている。

コアコンピテンシー

これらの一般的な定義は、コアコンピテンシーの基礎として使用するのに適している。

すでにコアコンピテンシーのセットを持っている組織は、SFIAの専門スキルと組み合わせて使用するのが望ましい。SFIAのフレームワークでは、レベルが明確に区分されているため、これらの組織にメリットをもたらすと思われる。

既存のレベル

組織内の確立されたレベル構造にSFIAの専門スキルをマッピングすることが必要となる場合がある。その場合には、マッピングの基礎を確立するため、移行のサポートとして一般的なレベルを使用することができる。

レベルの定義の詳細

レベルの定義の詳細を以下に示す。