現在位置: ホーム / SFIAについて / SFIAの対象者は?

SFIAの対象者は?

個人は、現在のスキルと経験をマッピングし、目標を特定し、専門性開発のロードマップを計画することができる。高等教育コース、資格、専門団体のメンバーシップおよびトレーニングコースについて把握することにより、必要な能力開発をサポート正しい行動と活動を選択する上で個人とマネジャーを支援する。SFIAは、職務/職位記述書の作成および求人業務をサポートし、個人がそのスキルと経験に一致する機会を特定するのに役立つ。

組織は、全体的なリソース管理のためにSFIAを使用することができる。また、SFIAを使用すると、組織、特定の部門、チーム、専門的なコミュニティまたは個人の能力のベースラインを素早く把握でき、スキルのギャップを特定することができる。SFIAは、効果的な運営のために必要なスキルとコンピテンシーのレベルを説明しているため、個人は自分の業務を適切に行うことができ、ビジネスの発展と顧客にもたらされる成果がサポートされる。組織構造、給与の区分および基準をSFIAに整合させ、スキルと経験に関連付け、必要な能力と提供される価値にフォーカスすることができる。

採用活動でSFIAを使用することにより、雇用主は、採用候補者が理解できる言語で、雇用主が何を必要としているかをより正確に説明することができる。これにより、多くの場合、関連領域の理論的な理解のみを証明する証明書や資格に過度に依存することを避けることができ、適切なスキル、適切なレベルの経験と責任を有しているかに基づいて能力を評価する方向で採用活動を行うことができる。

SFIAに基づいた役割プロファイル職務記述書を使用することにより、ビジネス上のリスクを低減し、採用の機会を増やし、適切なレベルで最適な組合せのスキルセットを持つ個人の能力開発を行うことができる。個人が「仕事が思っていたものと違う」と感じた時、またはその個人が業務を効果的に行うために適切なスキルセットを有していないことに組織が気づいた時の退職のリスクを低減することができるため、これは組織と個人の両方にとってのメリットとなる。

教育団体、大学、短期大学およびトレーニングプロバイダは、その教育内容をSFIAと照らし合わせることにより、個人が知識を活用し、必要とするスキルを適切なレベルで開発できるよう、個人が必要とする知識を提供する最も適切なコースと資格が選択されていることを確認することができる。

専門団体および会員組織は、その会員レベル、認定、専門性開発および指導プログラムをSFIAと照らし合わせることができる。知識と経験の共有と指導活動をサポートし、適切な指導者を特定するためにSFIAを使用できる。

カンファレンスおよびイベントの主催者は、SFIAの役割のレベル、スキルカテゴリまたは個別のスキルとレベルに整合させることにより、対象オーディエンスを特定することができる。これにより個人はその開発ニーズに最も一致するセッションを選択することができる。