現在位置: ホーム / SFIAについて / SFIAとは?

SFIAとは?

SFIAは、あらゆるタイプの情報システム関連の任務において管理業務または作業を行う皆様のための実務に役立つリソースである。SFIAが提供する共通の参照モデルは、1つの軸上に配置された様々なスキルと、もう1つの軸上に配置された7つの役割レベルで構成される二次元のフレームワークを有している。SFIAでは様々なコンピテンスレベルでの専門的なスキルを説明している。また、権限、影響度、複雑度およびビジネススキルの観点から、汎用的な役割レベルを説明している。

SFIAは、ユーザーのニーズと情報化時代の能力についての現在の考え方に一致するよう、頻繁に更新が実施されている。

デジタルの世界で必要とされるスキルのための共通言語

SFIAは、スキル、能力および専門性を一貫した方法で定義するための共通言語を個人と組織に提供する。専門用語や略語を避け、明確な言語を使用することにより、SFIAは、人事部門、学習と開発の専門家を含むあらゆるユーザーにご利用いただくことが可能となっている。また、SFIAを使用することにより、組織内および混成チーム内のコミュニケーションと効果的なパートナーシップの障害となる、頻繁に発生する解釈の問題を回避することができる。

また、ビジネスニーズの説明と、それらのニーズを満たすための能力をスタッフが持ち合わせているかを評価する上でも役立つ。

コアコンピテンシーを専門的な基準として定義することにより、SFIAは、組織とその従業員が成功と改善に向けた方向性を認識するためのロードマップと開発計画の策定を支援する。

現在、SFIAが広く使用されていることにより、このような一貫性のあるアプローチを使用することが可能となっている。このため、採用担当者が人材を探す方法と、適切な責任にふさわしいことを個人が示す方法とを適合させることができる。

またこのような一貫性により、SFIAは、組織の規模に関わらず有効にお使いいただくことができる。つまり、どの組織に対しても、共通のアプローチ、言語、スキルと能力へのフォーカスを提供する。