現在位置: ホーム / SFIAについて / 部分の総和を超える

部分の総和を超える

スキルと能力に対する一連の基準と共通アプローチがない場合、通常我々が組織または個人に対して持つ視点とは異なる様々な視点を持つことになり、組織のニーズとそのチームの能力との間の整合性が失われる場合がある。

SFIAがもたらす重要なメリットは、コンピテンシーをプロセスまたは技術と混同しないことにある。

技術は急速に進化を遂げているが、依然としてSFIAのフレームワークの構造は、どのような能力が存在するかを理解し、より効果的な成果を生み出すために必要とされる能力は何かを理解するための実務的なアプローチを提供している。

自分が現在どの位置にいるかについての認識と同時に、自分が到達したいレベルについて認識、評価するためにフレームワークを使用することは、いずれかの認識を単独で使用する場合よりも効果的なものとなる。これらの2つの認識を持つことのメリットは、全体としてより効果的でパワフルなツールとなることである。

SFIAによるスキルの管理

個人の専門家の場合

ITマネジャー、人事部門、採用スペシャリストおよび組織の場合

 

プロセス

 

  • 評価 - 「自分が現在持っているスキルはどれか?」
  • 役割および職務 - 「どのスキルが必要か?」
  • 分析 - 「自分は適切なレベルのふさわしいスキルを持っているか?」
  • 学習および能力開発 - 「どのように目標を達成することができるか?」
  • 必要なものを定義し、現在持っているものを評価する
  • 望ましい成果を達成するために必要なスキルを持つ人材の採用と能力開発を行い、従業員の定着を促進する
  • 分析 - 「我々は適切なレベルのふさわしいスキルを持っているか?」
  • プロジェクトおよび運用上のリスクを低減する
  • 必要なものを定義し、現在持っているものを評価する
  • 望ましい成果を達成するために必要なスキルを持つ人材の採用と能力開発を行い、従業員の定着を促進する
  • 分析 - 「我々は適切なレベルのふさわしいスキルを持っているか?」
  • プロジェクトおよび運用上のリスクを低減する

 

メリット

 

  • 自分の現在のスキルプロファイルを決定し、世界基準と比較した対自分の強みを特定することができる
  • 目標達成とキャリア計画のために自分のスキルを開発する分野を計画、認識するための方法
  • 従業員の定着率と採用目標を改善する。スキルマッチングによりギャップを特定する。スタッフの価値を向上させる。
  • 自分の現在の能力を理解し、今後の方向性を計画する。ITプロジェクトのリスクを低減し、職務を標準化し、サクセッションプランニングを行う。
  • 従業員の定着率と採用目標を改善する。 スキルマッチングによりギャップを特定する。 スタッフの価値を向上させる。
  • 自分の現在の能力を理解し、今後の方向性を計画する。 ITプロジェクトのリスクを低減し、職務を標準化し、サクセッションプランニングを行う。