コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

Reference and guide to SFIA version 7. Framework status: Current standard.

情報ガバナンス IRMG

意思決定、ビジネスプロセス、デジタルサービスの支援として情報が使用される方法を全面的に管理する。情報はあらゆる種類のものを対象とする(内部情報、外部情報、構造化データ、非構造化データも含む)。情報の構造と分類をカバーする戦略と方針の策定と推進、データ内容のソーシングと保守に関する方針の策定、データの保管、使用、公開に関するあらゆる側面を規定する法規制の遵守を促進するための方針、規程、業務慣行の開発を行う。

情報ガバナンス: レベル 7

情報アーキテクチャの開発に向けて、将来のビジネスをサポートするために必要な機能やデータを特定する。事業戦略の一部として、組織の情報管理戦略を策定し伝達する。専門的な基準への準拠、情報の多様性、開示性、明瞭性を維持した上で、情報管理により組織のパフォーマンスを改善し、ステークホルダーに価値を提供する。情報と記録の管理、情報保証、データ保護に関する規制、基準および規範を遵守する責任を負う。

情報ガバナンス: レベル 6

一様に認識され受け入れられたデータ定義が組織全体で開発され適用されることを確実にするための情報および記録管理のための組織の方針、標準、およびガイドラインを開発する。 組織をサポートするために必要なビジネスプロセスと情報が定義されていることを確認し、適切なプロセスとデータアーキテクチャを考案する。 関連する法定、社内または社外の規制が組織の情報の使用に与える影響を特定し、コンプライアンスのための戦略を策定する。 情報管理戦略を伝達し実行するための活動を主導し、計画する。 専門的基準、説明責任、開放性、平等、多様性、および目的の明確さの原則を維持しながら、特定のビジネス目標を満たすように情報リソースを調整する。 パフォーマンスを測定し、リスク管理するためのシステムとコントロールを実装する。

情報ガバナンス: レベル 5

ビジネスシステムや他からマイニングできる、社内外の情報の影響を理解する。 システムに変更を加える必要性を含む、その情報に基づいて決定を下す。 新たな変更提案をレビューし、共同作業や情報関連リスクの評価と管理に関する助言と推進を含む、情報と記録の管理に関する専門家による助言を提供する。 関連する法律の対象となる情報資産の在庫を作成および管理する。 登録詳細の定期的な通知を作成して確認し、それらを関連する規制当局に送信する。 正式な情報アクセス要求および苦情が承認された手順に従って処理されるようにする。 関連法規の遵守のための方針、基準および手順の策定に貢献する。

情報ガバナンス: レベル 4

情報と記録の管理方針、標準手法の導入を保証する。情報と記録の管理に関する内部の代表任命、監査、統制に対する有効な統制を保証する。情報活用に関するリスクを評価し管理する。有効な意思決定を伝えるために情報統制の統合ステータスにつきレポートを行う。必要に応じて修復処理を勧める。情報が有効に提供されている事を保証する。