コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

Reference and guide to SFIA version 7. Framework status: Current standard.

情報戦略

エンタープライズ IT ガバナンス GOVN

組織の主要なステークホルダーの要求、および組織のコーポレートガバナンスの要求全般に則った、情報システム、デジタルサービスおよび関連する技術の利用に関する組織の取り組みの確立と監督 現在と将来の要求に対する評価、すなわち、サービスの需要と供給双方の計画の指示、ITサービスの品質・特徴・レベル、組織の目標・目的に対する貢献を確実にするための各種義務(規定、法規、規制、その他標準)への適合の検証などについての決定と説明責任

戦略企画 ITSP

組織の行動、計画、およびリソースをビジネス目標と一致させるための戦略の作成、反復および維持、ならびにその戦略を推進し実行するための計画の策定。目的、説明責任、進捗状況のモニタリングを通じて、戦略的管理についてコミュニケーションをとり、埋め込むためにステークホルダーと協力する。

情報ガバナンス IRMG

意思決定、ビジネスプロセス、デジタルサービスの支援として情報が使用される方法を全面的に管理する。情報はあらゆる種類のものを対象とする(内部情報、外部情報、構造化データ、非構造化データも含む)。情報の構造と分類をカバーする戦略と方針の策定と推進、データ内容のソーシングと保守に関する方針の策定、データの保管、使用、公開に関するあらゆる側面を規定する法規制の遵守を促進するための方針、規程、業務慣行の開発を行う。

情報戦略の整合性の確保 ISCO

通常、情報戦略機能が特定部門に委譲されている巨大組織、または企業間の共同事業において、シェアードサービスなどの共通の手法の導入が組織にとってメリットとなる場合、導入範囲に関して情報システム戦略を調整する。

情報セキュリティ SCTY

コントロールと管理に関する戦略の選択、設計、正当化、実装、実施を行い、情報システムのセキュリティ、機密性、整合性、可用性、説明責任を維持し、法規制および関連する基準を遵守する。

情報保証 INAS

保管中および送信中の情報とデータの整合性、可用性、信頼性、否認防止および機密性を保護する。ステークホルダーからの信頼を獲得するため、実用的かつ費用対効果の高い方法でリスクを管理する。

情報の分析 INAN

記録データに対する意味あるパターンと知識を発見するために数学、統計学、予測モデルおよび機械学習技術の適用量、速度及び種類(数値、記号、テキスト、音声、画像)が大量のデータ分析。創造的な値と有効な意思決定を促す、先見性のある、予測、リアルタイム、モデルベースの洞察を開発広範な範囲のプロセスにより生成される内外部のデータセットの識別、有効性判断および開拓

データの可視化 VISL

グラフィカル表現を使用して概念、アイデア、および事実を解釈するプロセス。効果的な意思決定を推進するために、データの特性を凝縮およびカプセル化し、機会の表面化、リスクの特定、傾向の分析を容易にする。技術的および非技術的な聴衆にデータの理解を示すために、発見およびデータへの洞察を創造的な方法で提示する。

情報コンテンツの公開 ICPM

オープンソースと独自のオプションを含む主要な機能を認識し、様々な公開方法と選択肢を評価し適用する。必要な時点でユーザーに提供できるよう、非構造化および半構造化された形式の情報を収集、統合、公開するプロセスを管理、調整する。著作権、データ保護、および公開情報とデータの公開と再利用に関連するその他の法的問題を管理する。