コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

Reference and guide to SFIA version 7. Framework status: Current standard.

システム開発の管理 DLMG

時間・予算及び品質の目標に向けたシステム開発のプログラムを計画し、見積もり、実行する。システム開発に必要なリソースおよび、そのリソースを効率的に供給する方法の定義合意されたアーキテクチャと基準に沿ったシステム開発活動と成果の調整将来のシステム開発計画を伝えるためのロードマップの作成作業のコンテキストに基づいたシステム開発ライフサイクルモデルの採用と適応、予測(計画主導)アプローチまたは適応(反復/アジャイル)アプローチからの適切な選択

システム開発の管理: レベル 7

システム開発の管理フレームワークの定義、導入およびレビューを推進する。システム開発の機能とプラットフォームを承認し、それらとビジネス戦略および目標、システム開発とITとデジタル化がもたらす可能性との調整を司る責任を有する。システム開発の中でのリソース管理のための戦略を設定し、システム開発プログラムのリソースの配分を承認し、組織全体の成功に対する開発プログラムの貢献の概況を把握する。品質と作業の妥当性を管理し、測定可能なビジネス上のメリットを提供できる。

システム開発の管理: レベル 6

予測的(計画駆動)アプローチと適応的(反復/アジャイル)アプローチのどちらであれ、システム開発プロジェクトのポリシーを設定し、基準を忠実に守る事をドライブする。システム開発において全てのセキュリティ課題を処理することによる利益をアピールすることができる。技術的、財政的、品質的なターゲット確実に満たしながら、システム開発プロジェクトの全ての段階(計画、見積もり、実行)に必要なリソースを定義し、管理する。

システム開発の管理: レベル 5

組織の目標や計画をサポートするシステム開発プロジェクトを定義する。予測的(計画駆動)アプローチと適応的(反復/アジャイル)アプローチどちらを取るか適切に選択し、システム開発手法、ツール、技術についても適切に選択、採用、適用する。経営層が必要となるリソースについて認識し、かつリソースを供給できるように説明する。リソースの可用性拡大と最適利用を促進する。開発計画の進捗をモニターし、報告することで、プロジェクトが合意済みのアーキテクチャ、基準、手法と手続き(セキュアなソフトウェア開発を含め)に沿って進んでいることを保証する。将来のシステム開発計画を伝えるためのロードマップを作成する。