コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

Reference and guide to SFIA version 7. Framework status: Current standard.

システム設計 DESN

定められた要件に合致し、合意されたシステムアーキテクチャと互換性があり、企業内の基準を遵守し、パフォーマンスと実現可能性の制約に合致するシステムの設計コンセプトの定義と、そのコンセプトをシステム構築と検証の基礎となる設計への落とし込みコンポーネントの設計または選択導入に適した形での、一連の詳細モデル、プロパティおよび/または特性の設計作業のコンテクストおよび予測的(計画駆動)または適応的(反復/アジャイル)アプローチからの適切な選択に基づくシステム開発ライフサイクルモデルの採用と適用

システム設計: レベル 6

システム設計の組織的なポリシー、基準と方法を作成する。システム設計原則の重要性と価値、および適切なシステム設計ライフサイクルモデルの選択を擁護する; 予測的(計画駆動)アプローチか、より適応的(反復/アジャイル)アプローチか。関連するポリシー、基準、戦略、アーキテクチャへの採用と遵守を促進する。戦略的、大規模かつ複雑なシステム開発プログラムのシステム設計活動を先導する。要件、アーキテクチャ、性能と実現可能性の制約に合致した効果的な実装戦略と調達戦略を立てる。新しい技術の導入や既存の技術の新規活用を必要とするシステム設計を行う。

システム設計: レベル 5

予測(計画主義)アプローチまたは適応(反復/アジャイル)アプローチから適当なものを選択し、適切なシステム設計方法、ツールおよび手法を採用、適応し、それらが効果的に適用する。大規模または複雑なシステムを設計する。主要な設計案とトレードオフについての影響分析を行う。関連するリスクを評価し、管理し、(対策を)推薦する。適切なテクノロジーの選択、リソースの効率的な使用、複数のシステムとテクノロジーの統合を確実にするために、他のシステム設計をレビューする。機能要件と非機能要件のバランスの取れたシステム設計を保証する。システム設計方針と基準の開発、アーキテクチャコンポーネントの選択に貢献する。

システム設計: レベル 4

合意されたアーキテクチャ、設計基準、パターン、および方法論に従って、適切なモデリング技術を使用してコンポーネントを設計する。代替となる設計案とのトレードオフを特定し、評価する。アーキテクチャのさまざまな関係者の懸念に対処し、機能要件と非機能要件の両方を処理するために、複数の設計概念図を作成する。ステークホルダーの承認を得るために、提案されたシステムコンポーネントの動作をモデル化し、シミュレートしたり、試作を行う。システムの構築の基礎となる詳細な設計仕様を作成する。作成した仕様のレビューを行い、検証し、改善する。