コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

Reference and guide to SFIA version 7. Framework status: Current standard.

能力評価 LEDA

SFIAなどのフレームワークに対する公式または非公式のあらゆる手段による知識、スキル、および行動の評価。 評価のコンテキスト、および評価結果の使用方法に基づいた評価方法、ツール、および手法の評価、選択、採用、および適応。 定義されたスキル/能力開発成果に対する学習または教育活動の評価。

能力評価: レベル 6

スキル/能力評価、および適切な評価方法、ツール、テクニックの重要性と価値を擁護する。倫理的、法的、規制的な要件に沿ったスキル/能力評価のための組織のポリシー、標準、およびガイドラインを開発する。評価手法とツールの導入と利用をリードする。調査結果の内部/外部での整合性および信頼性への要求や、異なるユーザグループにおいてどのように実行するかなどを決定する。

能力評価: レベル 5

結果の利用目的や評価の文脈などに応じた適切な評価手法、ツール、技法の選択、採用、適用に関する助言やガイダンスを提供する。受け入れ可能な品質で、必要とされる結果が提供されるよう、スキル/コンピテンシーの評価の実施を管理する。評価が、倫理、法律、規制に関する要求に従うようにする。 評価手法とツールの利点と価値の見直しを管理する。評価手法とツールに対して、改善点を特定および推奨する。スキル/コンピテンシー開発目標の達成度に応じて、学習・教育活動の有効性を評価する。

能力評価: レベル 4

指定された手法および倫理、法律、規制の要求に沿った指定された基準を用いて、知識、能力、行動に関するスキル/コンピテンシーの評価を定期的・日定期的に行う。学習/教育活動の有効性を評価するために、アセスメントの結果およびその他のデータを用いる。

能力評価: レベル 3

指定された手法と指定された標準および倫理的原則に基づき、定期的なスキル/コンピテンシー評価を行う。