コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

Reference and guide to SFIA version 7. Framework status: Current standard.

品質管理 QUMG

品質管理では、品質文化、プロセス、組織の品質目標を実現する有効な手続きを、組織の中に構築する。これには、機能、プロセス、製品、サービス、データなどあらゆる要素の品質の監視と改善のための技法の適用が含まれる。国内外の標準や、品質、サービス、継続性、セキュリティなどを含む内部ポリシーの実現または準拠などを行う。

品質管理: レベル 7

品質戦略とポリシーを設定し、組織の管理層に承認と採択をさせ、経営層のコミットメントを確約させる。組織の要求と目的に対して、品質ポリシーがどの程度適合すべきかを決定し、必要に応じて見直す。品質戦略を実現するための組織の品質管理システムを構築する。品質管理システムおよび内部品質監査スケジュールの企画、リソース確保、モニターを行う。品質システムの定義、見直しを行う。品質システムを支援するための必要な技術、手続き、資源が用意されることを保証する。

品質管理: レベル 6

戦略、より広いビジネス目標、内部および外部監査を考慮し、品質を改善すべき分野を優先順位付けする。これらの分野において、適切な品質管理手法の適用を開始する。認められたモデルを利用し、アプローチおよび業務慣行を変更することにより、プロセス改善を開始する。必要に応じ、国内および国際的な基準に対する準拠を実現、維持する。問題の根本原因を調査することにより、システムおよびサービスのエラーを削減し、品質を改善するための体系的な是正処置を特定、計画する。

品質管理: レベル 5

適切な品質管理手法および標準の適用について助言する。プロジェクト、チーム、部門が適切な実践を行い、必要とされる組織の品質水準に合致していることを確実にする。監査結果の分析により既存のプロセスを変更すべき箇所を特定する。組織の標準の更新、配布の制御について責任を持つ。認められたモデルを利用し、アプローチおよび業務慣行を変更することにより、プロセス改善を推進する。

品質管理: レベル 4

責任の範囲での品質管理の計画について、プロジェクト、部門、チームを支援する。新規あるいは実践の改善、組織のプロセスや標準の開発を支援する。品質システムやサービスに対し、ローカルでの改善を推進する。

品質管理: レベル 3

品質および環境標準の策定、維持、管理および配布において、適切な手法と系統的な取り組みを使用する。品質標準の更新と配布の制御、および技術的な変更を実施する。新規または改訂された標準を配布する。