コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

Reference and guide to SFIA version 7. Framework status: Current standard.

要件の定義および管理 REQM

新規または変更されたソフトウェア、システム、プロセス、製品、サービスの効果的な開発と運用を可能にするレベルへの要件と制約の抽出、分析、仕様、検証。 ソフトウェア、システム、プロセス、製品またはサービスの提供および運用ライフサイクル全体にわたる要件の管理。主要な利害関係者に受け入れられ、予算、技術、規制、およびその他の制約の範囲内であるトレードオフの交渉。作業のコンテキストに基づいた要件管理ライフサイクルモデルの採用と適応、および計画駆動型/予測型アプローチまたはより適応型(反復型およびアジャイル型)アプローチからの適切な選択。

要件の定義および管理: レベル 6

要件の定義と管理に関する組織のポリシー、標準、およびガイドラインを開発する。意識を高め、要件管理の原則と適切な要件管理ライフサイクルモデルの選択の重要性と価値を支持する。ポリシーと標準の採用と順守を促進する。 新しい方法と組織能力を開発します。 複雑で戦略的なプログラムのスコーピング、要件定義、優先度設定を計画およびリードする。

要件の定義および管理: レベル 5

大規模で複雑なイニシアチブのスコーピング、要件定義、優先順位付けアクティビティを計画および推進する。適切な要件定義と管理方法、予測(計画主導型)アプローチまたは適応(反復/アジャイル)アプローチから適切に選択するツールおよび手法を選択、採用、および適応する。さまざまな利害関係者からの要件からの入力および正式な合意を取得する。 利害関係者と交渉して、競合する優先順位と競合を管理する。要件のベースラインを確立する。 要件の変更が調査および管理されていることを確認する。 組織的な方法と標準の開発に貢献する。

要件の定義および管理: レベル 4

プロジェクトの要件アプローチの選択に貢献し、予測(プラン駆動型)アプローチまたは適応(反復/アジャイル)アプローチから適切に選択する。中規模および複雑なイニシアチブのスコーピング、要件定義、および優先順位付けアクティビティを定義および管理する。 利害関係者からの入力を促進し、建設的な課題を提供し、要件の効果的な優先順位付けを可能にする。エラーと省略の要件を確認する。 要件のベースラインを確立し、要件に対する正式な合意を得て、ソースへのトレーサビリティを確保する。変更管理ポリシーに沿って、ベースライン要件に対する変更の承認された要求を調査、管理、および適用する。

要件の定義および管理: レベル 3

小規模な変更のスコープ、要件定義、優先順位付けアクティビティを定義および管理し、より複雑な変更イニシアチブを支援する。合意された標準に従い、適切な手法を適用して詳細な要件を引き出し、文書化する。 必要に応じて利害関係者に建設的な挑戦を提供する。 要件に優先順位を付け、ソースへのトレーサビリティを文書化する。エラーと省略の要件を確認する。 要件のベースラインへの入力を提供する。 変更管理ポリシーに沿って、ベースライン要件への変更に対する承認された要求を調査、管理、および適用する。

要件の定義および管理: レベル 2

要件の定義と管理を支援する。 標準的な手法を使用して、明確に定義された境界を持つ単純なサブジェクト領域の要件を引き出し、指定し、文書化する。変更管理ポリシーに沿って、要件ベースラインの作成、およびベースライン要件への変更の承認済みリクエストの調査と適用を支援する。