コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

Reference and guide to SFIA version 7. Framework status: Current standard.

組織計画と適用 ORDI

職場環境、場所、役割プロファイル、パフォーマンス測定、能力、スキルなど、統合された組織構造と文化の計画、設計、実装。技術、社会、新しい運用モデル、ビジネスプロセスの変化に適応するために必要な変化の促進。必要な文化の重要な属性の特定と、これらを実装および強化して組織のパフォーマンスを向上させる方法。

組織計画と適用: レベル 7

組織構造と文化の変化の必要性と理論的根拠を確立し伝える。 組織と文化の変化に必要な組織のコミットメントとリソースを確保する。障害を取り除き、最高レベルの変化を主張し、ロビー活動を行うことにより、組織の変化をリードする。 組織と文化の変化を強化し、埋め込むメカニズムを導入する。望ましい行動のロールモデルとして機能し、一貫した基準と期待を設定する。

組織計画と適用: レベル 6

技術、社会、ビジネスモデルの変化から生じる内部および外部の機会と脅威に対処するための新しい働き方の価値を擁護する。組織の設計手法、方法論、およびツールの導入と使用における方向性とリードを設定し、組織の構造と文化を変更および改善して、ビジネス成果を実現する。組織の設計活動を計画および主導する。 代替案を特定し、実現可能性を評価し、解決策を推奨する。組織に影響を与える主要な変更を特定し、変更を実施するためのリソースを動員する。 新しい組織境界の定義を開始し、場所の戦略や必要な場所の数など、将来の組織設計を作成する。パフォーマンス測定の目的と高レベルの実装アプローチの概要を説明する。

組織計画と適用: レベル 5

組織構造と文化変更活動を実施する。 組織構造と文化がプロセス、システム、テクノロジー、ツールの変化に合わせられるように、影響評価を実施する。理解と意思決定を促進するために、組織モデルと構造のグラフィカルな表現を開発する。 代替ソリューションを識別して評価する。将来のビジネスプロセスを可能にするために、組織構造、人材開発、仕事、チーム、および役割をどのように変更する必要があるかを概説する。既存の組織構造、役割、およびジョブを新しいプロセスに合わせる。 新しい職場モデルとツールを導入することの意味について助言する。