コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

Reference and guide to SFIA version 7. Framework status: Current standard.

ビジネスモデリング BSMO

既存の、概念的な、または提案されたシナリオのコミュニケーションと理解を支援するために、従来のアプリケーションまたはトランスメディアアプリケーションでの実世界、ビジネス、またはゲームの状況の抽象的または引き出した表現の作成。 主にプロセス、役割、データ、組織、および時間の表現に焦点を当てる。 モデルを使用して、さまざまなレベルの詳細および分解で対象を表す。

ビジネスモデリング: レベル 6

組織のモデリングの基準および品質目標を設定することができる。指定された機能のモデルの維持に対し継続的に責任を負う。組織全体のモデリング改善活動を主導し、変更全般に対する顧客の合意を取得することができる。業界の活動においてモデリング専門家として自身の組織を代表する場合がある。

ビジネスモデリング: レベル 5

ビジネス戦略をサポートするためにモデルを作成することができる。幅広い業界全体のモデリング手法についての深い知識を有している。手法とアプローチの選択について助言し、顧客に対する影響力を発揮することができる。例外的な状況のための特別なモデルを開発することができる。チームのモデリング活動の計画と調整、およびチームの作業の品質保証に対する責任を負う。

ビジネスモデリング: レベル 4

重要な変更プログラムと複数のビジネス機能において高レベルのモデリング業務を行う。組織が標準とする手法に関する深い知識を有している。自身のモデリング業務を計画し、適切な手法を選択し、指定された目的達成のために詳細を修正する。使用するモデリングアプローチの選択に関する議論で重要な役割を果たす場合がある。合意のために経営幹部からの意見を取得し、結果を伝達する。

ビジネスモデリング: レベル 3

様々なモデリング状況をカバーする手法に精通している。指示に従い、現在のシナリオと望ましいシナリオのモデリングを行う。指定された目的を達成するために適切なモデリング手法を選択する。作成したモデルに対する主題の専門家から合意を得る。ステークホルダーと共に作成したモデルを検証し、発生した問題に対する解決策を生み出す。

ビジネスモデリング: レベル 2

モデリングの目的とメリットを理解している。指示に従い、確立された手法を用い、明確に定義された境界を有する単純な主題領域のモデリングを行うことができる。より複雑なモデリング業務を支援する場合がある。主題の専門家からの情報を用いてモデルを開発し、検証と確認のために結果を専門家に伝達することができる。