コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

Reference and guide to SFIA version 7. Framework status: Current standard.

損益管理 BENM

予測される利益の出現と効果的な実現を予測、計画、モニタリングするアプローチを確立する。個々の利益と複合利益のビジネスへの影響を最適化するために必要なアクションを特定して実装する。 期待される利益の達成の確認。

損益管理: レベル 6

事業運営のすべてのレベルのスタッフに変更プログラムのビジョンを促進し、複雑な状況に秩序をもたらし、ビジネス目標に焦点を当て続ける。 プロジェクトのグループが製品を運用に使用する際に、業務管理者と連携して、業務の改善を最大限に行う。 プログラムへの資金提供のビジネスケースを維持し、定期的な間隔でプログラムのビジネスの継続性を確認する。

損益管理: レベル 5

利益を測定できる特定の手段とメカニズムを特定し、必要なときにこれらのメカニズムをアクティブにする計画を立てる。 ビジネスケースで予測された内容に対する利点を監視し、すべての参加者が変更プログラム全体に通知され、関与し、新しい運用ビジネス環境が導入されたら、それを十分に活用できるようにする。 運用マネージャーをサポートして、すべての計画、作業パッケージ、成果物が期待されるメリットに合わせられるようにし、変更プログラムの各部分のメリットを実現するために必要な活動を主導する。