コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

Reference and guide to SFIA version 7. Framework status: Current standard.

ビジネス変化の管理

ビジネス分析 BUAN

事業目標、目的、機能およびプロセス、使用される情報、ならびにその情報が基づくデータに関する、事業の全体または一部の系統的な調査、分析、レビュー、および文書化。 プロセスとシステムを改善し、それらのコストを削減し、それらの持続可能性を高め、そして潜在的なビジネス上の利益を定量化するための要件の定義。 情報通信システムの展開に備えた、実行可能な仕様と承認基準の共同作成および反復。 業務の状況に基づいて、予測(計画主導)アプローチまたは適応(反復/アジャイル)アプローチから適切に選択することで、ビジネス分析アプローチの採用と適応。

ビジネスモデリング BSMO

既存の、概念的な、または提案されたシナリオのコミュニケーションと理解を支援するために、従来のアプリケーションまたはトランスメディアアプリケーションでの実世界、ビジネス、またはゲームの状況の抽象的または引き出した表現の作成。 主にプロセス、役割、データ、組織、および時間の表現に焦点を当てる。 モデルを使用して、さまざまなレベルの詳細および分解で対象を表す。

要件の定義および管理 REQM

新規または変更されたソフトウェア、システム、プロセス、製品、サービスの効果的な開発と運用を可能にするレベルへの要件と制約の抽出、分析、仕様、検証。 ソフトウェア、システム、プロセス、製品またはサービスの提供および運用ライフサイクル全体にわたる要件の管理。主要な利害関係者に受け入れられ、予算、技術、規制、およびその他の制約の範囲内であるトレードオフの交渉。作業のコンテキストに基づいた要件管理ライフサイクルモデルの採用と適応、および計画駆動型/予測型アプローチまたはより適応型(反復型およびアジャイル型)アプローチからの適切な選択。

組織能力開発 OCDV

組織の能力を評価し、改善を特定し、優先順位を付けて実装するためのリーダーシップ、アドバイス、および実装サポートの提供。適切な業界のフレームワークとモデルの選択、採用、統合による改善の指針。能力成熟度評価、メトリック、プロセス定義、プロセス管理、再現性の適切な使用、および適切な技術、ツール、強化されたスキルの導入。組織の戦略的計画と目標に沿って組織のパフォーマンスを改善するための統合された人材、プロセス、および技術ソリューションの提供。改善の範囲は組織的なもの、必要に応じて、ソフトウェア開発、システム開発、プロジェクト実施、サービス改善などに重点を置くこともできる。

組織計画と適用 ORDI

職場環境、場所、役割プロファイル、パフォーマンス測定、能力、スキルなど、統合された組織構造と文化の計画、設計、実装。技術、社会、新しい運用モデル、ビジネスプロセスの変化に適応するために必要な変化の促進。必要な文化の重要な属性の特定と、これらを実装および強化して組織のパフォーマンスを向上させる方法。

変更の実装計画と管理 CIPM

事業の運営に影響があり、かつ完全に準拠した方法で、新しいデジタル機能をビジネスに展開、統合するためのプロセスを定義、管理する。

ビジネスプロセスの検証 BPTS

ビジネスプロセス検証の計画、設計、管理、実行、報告を行い、有用性を評価。定義されたプロセスのエルゴノミクス、有用性および適合性の評価に評価スキルを適用。これには、行うテスト業務の総括(ユーザーニーズの記述、ユーザーインターフェイスの仕様を含む)、評価プログラムの設計、ユーザーサンプルの選択、パフォーマンスの分析、開発チームへの結果の伝達が含まれる。

損益管理 BENM

予測される利益の出現と効果的な実現を予測、計画、モニタリングするアプローチを確立する。個々の利益と複合利益のビジネスへの影響を最適化するために必要なアクションを特定して実装する。 期待される利益の達成の確認。